Loading…
 

スポンサーサイト

Posted by erkazm on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『曹操墓の真相』

Posted by erkazm on 25.2012 掲載記事 0 comments 0 trackback

曹操墓の真相曹操墓の真相
(2011/09/22)
河南省文物考古研究所

商品詳細を見る



2009年12月27日、中国の河南省文物局は公式の記者会見を開いた。安陽市西高穴村で曹操の墓が発見された、と…

曹操という人物について説明する必要があるだろうか。三国志に多少の知識を持っていれば、後漢末の武将であり魏の国の王であり、政治家、詩人としても優れ、乱世の英雄であるということは知っているだろう。三国時代とは黄巾の乱から西晋が中国を統一するまでの二世紀後半から三世紀の約百年間を言い「魏」の曹操「蜀」の劉備「呉」の孫権が覇権をめぐって戦いを繰り広げた時代である。

物語として後世に生み出された『三国志演義』では、曹操は主役の劉備玄徳に敵対する悪者として描かれている。小説やゲーム、テレビの人形劇などで繰り返し紹介され、日本人に一番馴染みが深い中国の話といっても過言ではない。

曹操の死んだのは西暦220年の3月15日と言われている。今からおよそ1800年前のことだ。ちなみに邪馬台国と卑弥呼について書かれているのは魏志倭人伝。曹操の国、魏について書かれた史書の中に記されている。卑弥呼と曹操は同じ時代に生きていた。

その曹操の墓が見つかったという西高穴村は豫北(河南省の黄河以北)の小さな目立たない村である。人口は2000人足らず。しかしかつてこの村は秦漢代に栄えた場所であり、田畑を耕すと、その時代の瓦や焼き物、古銭や貝の欠片が出土していた。1998年、焼成レンガの土取りしていた男がほぼ四角形の青石を発見した。大きさは幅31.5cm、高さ20.7cm、厚さ4.5cmで表面には14行126文字が書かれており「墓誌」ではないかと推定された。すぐに文物に関する業務を行う安陽市文化局に提出され内容が検討された。

これには西暦345年に死亡した魯潜という人物について書かれてあり、この人の墓は魏の武帝、つまり曹操の陵墓の近くにあることが記されていたのだ。

曹操の墓の場所は特定された。しかし中国の文物保護法によって発掘は禁止されている。そうするうちに盗掘者の目に留まる。「曹操の墓かもしれない場所」にあったものはほしいままに略奪されてしまった。
 
結果的にこのことが正式な発掘に結びつく。2008年12月6日、発掘は開始された。埋蔵物の多くは運び去られていたが、市場に出回ることで足がつき、盗掘者は逮捕され文物の多くも戻った。破壊された内部も専門家たちによって復元され1年後、全長60m、400㎡の墓の全貌が明らかにされた。60歳代の男性ひとりと女性ふたりの頭蓋骨も見つかり、男性が墓主であると考えられた。
 
出土物は修復の必要がない文物250点を含めて膨大にあり、その中には魏の武帝と刻銘のある石碑も発見された。また三国志をはじめ史書から得られた曹操の死の状況と照らし合わせ、今回の発表となったのだ。
 
しかしまだ確定してはいない、と本書の監訳を担当した渡邉義浩は解説で警告する。しかし違っていたにせよ、1800年前の遺跡であることは間違いなく、豊富なカラー図版によって説明されたこの贅沢な一冊の面白さを損なうことはない。
スポンサーサイト


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://erkazm.blog10.fc2.com/tb.php/89-51f81931

プロフィール

erkazm

Author:erkazm
書評家・東えりかのブログです。
主にオススメの本を紹介していきます。
(文中敬称略です。悪しからず)

https://twitter.com/#!/erkazm
Facebookも始めましたが、何がなにやら…

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

erkazm

Author:erkazm
書評家・東えりかのブログです。
主にオススメの本を紹介していきます。
(文中敬称略です。悪しからず)

https://twitter.com/#!/erkazm
Facebookも始めましたが、何がなにやら…

FCカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。