Loading…
 

スポンサーサイト

Posted by erkazm on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝 講談社エッセイ賞受賞! 内澤旬子『身体のいいなり』@小説すばる2月号

Posted by erkazm on 21.2011 掲載記事 0 comments 0 trackback
身体のいいなり身体のいいなり
(2010/12/17)
内澤 旬子

商品詳細を見る


『身体のいいなり』が今年度の講談社エッセイ賞を受賞した。

ここのところ、内澤旬子の活躍は目覚しい。
『情熱大陸』以来テレビでもよく見かけるしトークショウも盛況のようだ。
まずは今年の1月に小説すばるに掲載された書評を紹介する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

女の身体は本当に厄介だ。

思春期の入り口で初潮をむかえ、おっぱいの大きさに一喜一憂する。25歳でお肌の曲がり角に差しかかり、妊娠、出産、子育ての間にも月に一回面倒なイベントがある。お役ごめんの声が聞こえるように閉経し、気がつけば洋ナシ体型。鏡を見ては皺やたるみにため息をつく。

婦人科系の病気には常に気をつけないといけないし、ホルモンバランスが崩れれば、即、さまざまな病気にかかってしまう。
 
内澤旬子は『世界屠畜紀行』(解放出版社 角川文庫)で世界中の家畜処理を取材したイラストレーターだ。
世界屠畜紀行 THE WORLD’S SLAUGHTERHOUSE TOUR (角川文庫)世界屠畜紀行 THE WORLD’S SLAUGHTERHOUSE TOUR (角川文庫)
(2011/05/25)
内澤 旬子

商品詳細を見る


この本は、今までタブー視されていた「生物を殺して食物にする」という行為と真摯に向かい合い、ベストセラーとなった。本当に豚を飼育し、肉にまでした経験もある。

製本、印刷、建築などにも造詣が深い。
センセイの書斎---イラストルポ「本」のある仕事場 (河出文庫)センセイの書斎---イラストルポ「本」のある仕事場 (河出文庫)
(2011/01/06)
内澤 旬子

商品詳細を見る


「情熱大陸」というテレビ番組を見た人は、その行動力に驚いたかもしれない。
 
しかしこんなタフな取材をする人が、実は子供のころから病弱で、健康を感じたことは一度もないという。新刊『身体のいいなり』はそんな彼女の病歴と心の動きを記していく。胃酸過多、腰痛、アトピー性皮膚炎、ナゾの微熱、冷え性、むくみ、無排卵性月経など常に不快だったのだそうだ。そして38歳で病気の真打、乳がんに罹ってしまう。
 
不健康が常態だと、無理をすることが当たり前になってしまう。動けないほど重篤ではない限り、仕事をしないと口が干上がる。貧乏暮らしに慣れてはいても、最低限のレベルは確保したい。結婚した相手とはほどよい距離感を保ち、仕事は好きなことを誠実に行う。

そんななかに飛び込んできた「がん」と言う病気はなかなか手強かった。治療の過程で起こる副作用に悩まされ、再発に慄き、治療費に心を悩ませる。横暴な医師に憤り、すべてにひとりで立ち向かっていくのだ。
 
乳房は女性のアイデンティティに喩えられることが多い。確かに女性の象徴とも言える部位だが、命と引き換えにするほどではない。仕事優先の内澤は乳腺全摘出を選択する。そして乳房再建。痛みが文章から迸り出る。
 
しかし、がんは彼女にとって怪我の功名だった。そう、43歳になった内澤の現在はなぜか健康なのだ。いつも不快なところを抱えていた体が、痛くも痒くもなくなり、ヨガの成果か、夜は熟睡、軽やかに買い物だって出来る。アトピーが治まり、化粧が出来るようになると、おしゃれへの欲望がむくむくと湧き上がる。健康な自分を不思議がる様子がたまらなく可笑しい。
 
覚悟が決まれば女は強い。自分の身体を守るものは結局自分しかいないのだ。災い転じて福となす。40歳を過ぎてからの容姿は、すべて自己責任だ。この大転機をものにして、いい女、いい作家になっていくだろう。次のターゲットは何だろう。楽しみである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

乳がんのルポルタージュというと千葉敦子を思い出す。
乳ガンなんかに敗けられない乳ガンなんかに敗けられない
(1981/06)
千葉 敦子

商品詳細を見る


「死への準備」日記 (文春文庫)「死への準備」日記 (文春文庫)
(1991/05)
千葉 敦子

商品詳細を見る


気鋭のジャーナリストが自らのガン告白から死までを10年にわたって書き綴っていく。
ずいぶん医学は進歩したとはいえ、女にとって恐怖である。
スポンサーサイト


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://erkazm.blog10.fc2.com/tb.php/47-e7e745fe

プロフィール

erkazm

Author:erkazm
書評家・東えりかのブログです。
主にオススメの本を紹介していきます。
(文中敬称略です。悪しからず)

https://twitter.com/#!/erkazm
Facebookも始めましたが、何がなにやら…

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

erkazm

Author:erkazm
書評家・東えりかのブログです。
主にオススメの本を紹介していきます。
(文中敬称略です。悪しからず)

https://twitter.com/#!/erkazm
Facebookも始めましたが、何がなにやら…

FCカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。