Loading…
 

スポンサーサイト

Posted by erkazm on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ギャングース・ファイル 家のない少年たち』

Posted by erkazm on 04.2016 新刊書評


小さい子どもが虐待を受けたというニュースを見るたびに、胸の奥が痛みどうしようもない気持ちになる。一番可愛そうなのは、当然ながら子どもだけれど、救えなかったことで苦しみ悶える人々もたくさんいるだろう。どうにか生き抜いた子ども達だって、全員幸せになるとは限らない。
 
2008年に上梓された『家のない少女たち』というルポルタージュは衝撃的だった。(2010・10宝島文庫に収録)著者の鈴木大介は実話系の雑誌で犯罪する側の心理を取材するルポライターだ。この本は、虐待や育児放棄、貧困の結末で、路上に彷徨出でた少女たちにスポットを当てている。発展途上の国で、ストリートチルドレンとして生きる子どもの姿は、本や映像でたくさん見てきたが、日本のこの時代に「生きるための売春」をする少女たちがいることは、大きな驚きであった。そしてその逞しさには感動すら覚えた。
 
では、少年たちはどうしているのだろう。その疑問を解消してくれたのが、今回紹介する『家のない少年たち』だ。彼らもまたストリートに出た。小学校すら満足に出られず、施設や親戚をたらい廻しにされ、空腹の為に万引きを繰り返した末、警察に捕まる。少年鑑別所、少年院とお決まりのコースの末、立派な不良が出来上がる。鈴木はそんな犯罪少年たちのその後を追跡取材した。
 
主な登場人物は4人。22歳の須藤龍真は小柄ながら筋肉隆々の青年だ。不良少年のエリートコースから逃げ出し、今では青年実業家である。彼が鑑別所で出会い、後に「兄弟」と言い交わす面々は、15歳で腕から首筋に青々とした和彫りを施した杉田啓介、小学6年で暴走族デビューをし、ゴリラのようなガタイの万田勝、中学生でMDMAの末端売人をしていた斉藤健吾だ。みんな、似たような体験をした仲間だと確信した4人は、三国志の「桃園の誓い」のように人生を一緒に過ごしていこうと話し合う。全員が少年院を出院できたのは2005年のことだった。
 
地元に縛られていては元の木阿弥だと、彼らは「フリーダム」を決め込む。院の中でさんざん考えたビジネスを実行に移し、窃盗や事務所あらしをし、得た品物は知り合った中国人に格安で売りさばく。しかし、それでは生き残れないと龍真は知恵をめぐらしていく。
 
彼ら以外でも「オレオレ詐欺」を筆頭に新手の詐欺の実態や携帯電話や銀行口座を売りさばく裏社会の総合商社のような孤独な青年、田舎者のホストを食い物にする狡賢いやつ、闇の投資話など小説にしたら「リアリティがなさすぎる」と酷評されるだろうと思うほどぶっ飛んだ話が続く。

 犯罪を許すつもりも加害者を擁護するわけでもないが、この壮絶な事実は多くの人に知ってもらい考えていきたいと思う。
スポンサーサイト

プロフィール

erkazm

Author:erkazm
書評家・東えりかのブログです。
主にオススメの本を紹介していきます。
(文中敬称略です。悪しからず)

https://twitter.com/#!/erkazm
Facebookも始めましたが、何がなにやら…

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

erkazm

Author:erkazm
書評家・東えりかのブログです。
主にオススメの本を紹介していきます。
(文中敬称略です。悪しからず)

https://twitter.com/#!/erkazm
Facebookも始めましたが、何がなにやら…

FCカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。