Loading…
 

スポンサーサイト

Posted by erkazm on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『五色の虹 満州建国大学卒業生たちの戦後』かつて、国境を越えて「五族協和」を目指した若者たちがいた。

Posted by erkazm on 25.2016 新刊書評 0 trackback
五色の虹 満州建国大学卒業生たちの戦後
三浦 英之
集英社
売り上げランキング: 5,168


「青雲の志」という言葉は、徳を磨き立派な人物を目指し、行く末は立身出世を夢見る若者によく使われる。だが、本当に「青雲の志」を持つ青年は滅多にいるものではないし、簡単に叶えられるものでもないだろう。

だが、そんな青年たちの物語は私たちの心を熱くする。夢にたどり着けなかったにせよ、初心に抱いた真っ直ぐな心情はまぶしい。
 
第13回開高健ノンフィクション賞の受賞作『五色の虹』は「青雲の志」を抱いた青年たちの心と、50年後の物語である。

1931年、満洲事変が起こり、それを契機に満洲国が建国された。清朝最後の皇帝、愛新覚羅溥儀を元首とし、実質は日本の支配下となる。北と東はアムール川とウスリー川を隔ててロシアと接し、南は鴨緑江を境に朝鮮半島、西には大山脈の向こうにモンゴルという場所にあった。

満州国地図
(Wikipediaより)

この地に文化系最高学府として「建国大学」が設立されたのは1938年。民族協和を建学の精神とし日本人・朝鮮人・中国人・モンゴル人・白系ロシア人の優秀な学生を集めて共同生活をし、将来の満州国の指導者となるべき人材の育成を目指した。授業料・生活費すべては官費で賄われるという条件から、創立時150名の募集に対し、2万人の志願者があった。だが1945年、終戦によって満州国が瓦解し、この大学も消滅したのだ。

新聞記者である三浦英之が建国大学の名前を聞いたのは2010年のこと。敗戦後、ソ連軍の捕虜になり中央アジアで強制労働をさせられたという男性の向学心がとても強いことに驚嘆したのだ。85歳になった今でもロシア語の勉強を続けるのは、いつまた来るかもしれないロシアとの軋轢を警戒してのことだという。そしてこう明かしたのだ。

「私はこれでも建大生の端くれですから」
 
その後「幻の大学」と呼ばれる建国大学について少しずつ調べ始めたが、資料がほとんど存在していないことを知る。
 
たまたまその年に、最後の同窓会が東京で行われた。三浦はその場に赴き、出席者の姿をカメラに収める。彼らは間違いなくスーパーエリートであった。合格率1%に満たない超難関を越え、満州国が国是とした「五族協和」を目指した若者だったのだ。
 
しかしその後の過酷な運命は国により、立場により全く違ったものとなる。その足跡を求め、生き残っている建大生の力を借りて、三浦は、日本国内はもとより、中国、韓国、モンゴル、台湾、カザフスタンへインタビューの旅に出る。それは、何者かが三浦に課した使命のようにも思えた。

あの戦争に触れることができない人々がいまでもいる、そのことに驚かされる。彼らが人生最後に語りたいということを、しっかりと受け止めたいと強く思う作品であった。
(小説すばる 2016/2月号)
スポンサーサイト

trackbackURL:http://erkazm.blog10.fc2.com/tb.php/156-5cdf48db

プロフィール

erkazm

Author:erkazm
書評家・東えりかのブログです。
主にオススメの本を紹介していきます。
(文中敬称略です。悪しからず)

https://twitter.com/#!/erkazm
Facebookも始めましたが、何がなにやら…

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

erkazm

Author:erkazm
書評家・東えりかのブログです。
主にオススメの本を紹介していきます。
(文中敬称略です。悪しからず)

https://twitter.com/#!/erkazm
Facebookも始めましたが、何がなにやら…

FCカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。