Loading…
 

スポンサーサイト

Posted by erkazm on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豊竹嶋大夫引退興行 194回文楽公演

Posted by erkazm on 16.2016 伝統芸能・落語 0 trackback
H28-02bunraku-dan-omote.jpg

昨年人間国宝となられた豊竹嶋大夫師が引退する本公演。2月14日に通しで観てきました。

1部の「信州川中島合戦」は平成8年以来の公演で、初めてみましたが近松門左衛門の作品らしく人を引き付ける工夫が随所になされています。“妻がどもりで夫が片輪”と現代の舞台ではなかなかかけにくい二人が主人公。太夫の「どもり」の語りが印象的です。

3部の「義経千本桜」は何度見てもいいですね。今回は中納言知盛を桐竹勘十郎さんが初役で遣いました。玉男さんで観ることが多かったので、その違いも面白かった。玉男さんは船頭としての男っぷりがいいですし、勘十郎さんのは、武士なのにどこか公家っぽい感じがするのです。

お目当ての2部、は千秋楽まで満員だそうです。引退興行は口上から始まりました。呂勢大夫の口跡鮮やかな口上は見事です。演目は「関取千両幟」。猪名川を英大夫、鉄ケ嶽を津國大夫。おとわを嶋大夫が語ります。人形を遣うのはおとわに簑助さん。一門揃ってのこのお芝居はすばらしかった。腰を浮かせて熱演する嶋大夫を観るのはこれが最後かと思うと、胸が熱くなります。

私が最初に好きになりサインをいただいたのが嶋大夫さんでした。小さい身体のどこから出るのかと思うほどの大音声。床の下で舞台を観た時には、汗が降ってきたこともありました。

今回の舞台で、簑助さんの女形がいかにすごいのか、改めて感激しました。足元が危ないほどなのに、すべてが艶めかしく慎ましやかなのです。

終了後、拍手が鳴りやまず、会場全ての人が引退を惜しんでいました。ロビーには各方面からの蘭の花がたくさん。
嶋大夫蘭

国立劇場は、いま梅が満開。馥郁としたいい香りが漂っていました。
国立梅


  

プロフィール

erkazm

Author:erkazm
書評家・東えりかのブログです。
主にオススメの本を紹介していきます。
(文中敬称略です。悪しからず)

https://twitter.com/#!/erkazm
Facebookも始めましたが、何がなにやら…

カレンダー

01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

プロフィール

erkazm

Author:erkazm
書評家・東えりかのブログです。
主にオススメの本を紹介していきます。
(文中敬称略です。悪しからず)

https://twitter.com/#!/erkazm
Facebookも始めましたが、何がなにやら…

FCカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。