Loading…
 

スポンサーサイト

Posted by erkazm on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月の今月読む本 その1

Posted by erkazm on 09.2012 HONZ 0 comments 0 trackback
爆弾低気圧だ!竜巻だ!パチンコ大の霰は降った!と天候不順の今日この頃、ゴールデンウィークも終わって、本業に戻りつつある中でのHONZ朝会。

今日の欠席は オーストラリア単身赴任中のうえ出張が重なって、スカイプ出演もできなくなった久保洋介と、こちらも海外出張中らしい仲野徹。センセイ、学会かしら?朝会までにオススメ本をメールする、と仰っていたのも届かず。お忙しいらしい。足立真穂も、朝一番の入稿があるため泣く泣く不参加。学生メンバーの一色麻衣は、親戚の用事があるそうで「小樽なう」とメールをくれた。絶賛就活中だが、首尾はどうなのかな?

まずは久保洋介がメールで送ってきた本からご紹介。


直観を科学する―その見えざるメカニズム

直観を科学する―その見えざるメカニズム



  • 作者: デヴィッド・G. マイヤーズ、David G. Myers、岡本 浩一

  • 出版社: 麗澤大学出版会 (2012/05)

  • 発売日: 2012/05






エリア51 世界でもっとも有名な秘密基地の真実 (ヒストリカル・スタディーズ)

エリア51 世界でもっとも有名な秘密基地の真実 (ヒストリカル・スタディーズ)



  • 作者: アニー・ジェイコブセン、田口俊樹

  • 出版社: 太田出版

  • 発売日: 2012/4/5






ウイルスと地球生命 (岩波科学ライブラリー)

ウイルスと地球生命 (岩波科学ライブラリー)



  • 作者: 山内 一也

  • 出版社: 岩波書店

  • 発売日: 2012/4/14





「ちょっと待った!」と成毛代表。
『エリア51』を持ってきた人はどれくらいいるの?と聞くと、大方の人が「カブるので持ってきませんでした」との答え。HONZ殆どが注目の「今月イチオシ」ですね。
久保のレビューが待たれます。(とプレッシャーをかけておく。)
ちなみに内藤には、この本の超速レビューを書くことはまかりならんと成毛代表より厳命が下されました。わぉ!

足立真穂は会社で徹夜の模様。今回のテーマは「山」だとか。


山伏と僕

山伏と僕



  • 作者: 坂本 大三郎

  • 出版社: リトル・モア

  • 発売日: 2012/4/11




30歳、出羽三山で山伏デビューした著者の山伏ライフ記。 かぶりそうな気もする、と心配していましたが大丈夫。そういえば、最近、山伏関係の本がやたら目に付く。どこかの書店でも「山伏フェア」をやっていたそうな。


山賊ダイアリー(1) (イブニングKC)

山賊ダイアリー(1) (イブニングKC)



  • 作者: 岡本 健太郎

  • 出版社: 講談社

  • 発売日: 2011/12/22




マンガだし、ちょっと前の本ですが狩猟道具のイラストが抜群、とのこと。私も読みました。カラスを食べちゃうんですよね。



半年前の本ですが、そういえば誰も紹介してなかった。世田谷の精神障害支援施設、ハーモニーでの心理教育プロセスで生まれた、精神障害者たちのリアルなつぶやきかるた集。市原悦子の読み札DVDつき。

HONZの朝会は大きなテーブルに丸くなって座るので、当日、誰から始まるかは概ね成毛の一言で決まる。今朝は「じゃ、珍しく東さんから」とご指名があってちょっとうれしい。だって、絶対にカブらないじゃない!

東えりかの3冊。


からのゆりかご―大英帝国の迷い子たち

からのゆりかご―大英帝国の迷い子たち



  • 作者: マーガレット ハンフリーズ、都留 信夫、都留 敬子

  • 出版社: 近代文藝社

  • 発売日: 2012/2/10





先月から岩波ホールで映画が公開されている『オレンジと太陽』の原作。イギリスの孤児たちをオーストラリアに無理やり運び、人口増加に使ったというもの。




リンチンチン物語―映画スターになった犬

リンチンチン物語―映画スターになった犬



  • 作者: スーザン・オーリアン、Susan Orlean、羽田 詩津子

  • 出版社: 早川書房

  • 発売日: 2012/5/10





40代以上では知って人が多いのではないだろうか。名犬リンチンチンの伝説。


オカルト  現れるモノ、隠れるモノ、見たいモノ

オカルト 現れるモノ、隠れるモノ、見たいモノ



  • 作者: 森 達也

  • 出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング)

  • 発売日: 2012/4/10





『職業欄はエスパー』の続編かな?

HONZのプロフィール写真と全く違った風貌になってしまった土屋敦


史上最強のインディアン コマンチ族の興亡 上巻 最後の英雄クアナ・パーカーの生涯

史上最強のインディアン コマンチ族の興亡 上巻 最後の英雄クアナ・パーカーの生涯



  • 作者: S・C・グウィン、森夏樹

  • 出版社: 青土社

  • 発売日: 2012/4/26






史上最強のインディアン コマンチ族の興亡 下巻 最後の英雄クアナ・パーカーの生涯

史上最強のインディアン コマンチ族の興亡 下巻 最後の英雄クアナ・パーカーの生涯



  • 作者: S・C・グウィン、森夏樹

  • 出版社: 青土社

  • 発売日: 2012/4/26





はーい!読んでます。と村上浩。見れば膨大な付箋の数。


気になっていたメンバーは多いはず。ブルーバックスらしいつくり。


ソウルダスト――〈意識〉という魅惑の幻想

ソウルダスト――〈意識〉という魅惑の幻想



  • 作者: ニコラス・ハンフリー、柴田裕之

  • 出版社: 紀伊國屋書店

  • 発売日: 2012/4/27




理論心理学者の意識論だそうだ。

回を追うごとにオシャレ度が増す鈴木葉月。今回も布袋さんの袋には新刊本が満杯。隣の麻木久仁子が覗こうとしても「ダメッ!」と一喝(笑)


発酵食品学 (KS農学専門書)

発酵食品学 (KS農学専門書)



  • 作者: 小泉 武夫

  • 出版社: 講談社

  • 発売日: 2012/4/3




小泉武夫先生の本家本流の専門書。ホントに読むの?


藤森照信の茶室学―日本の極小空間の謎

藤森照信の茶室学―日本の極小空間の謎



  • 作者: 藤森照信

  • 出版社: 六耀社

  • 発売日: 2012/4/20




建築探偵の著者が読み解く茶室のなぞ。


俺たちに不可能はない!

俺たちに不可能はない!



  • 作者: ドリームファクトリー研究会

  • 出版社: 中経出版

  • 発売日: 2012/4/25




大林組、清水建設、前田建設の知能が終結した、今の日本でどこまで作れるかを検証。今回、一番のどよめきが出た一冊。私も既にポチリ…

いつも、誰よりも熱く本を語る麻木久仁子。彼女が語りだすと、なぜか成毛の扇子が登場する(笑)


ひさし伝

ひさし伝



  • 作者: 笹沢 信

  • 出版社: 新潮社

  • 発売日: 2012/4/18




井上ひさしの評伝は、今でもたくさんあるし今後も出てくるだろう。しかし分厚い。


歴史人口学からみた結婚・離婚・再婚

歴史人口学からみた結婚・離婚・再婚



  • 作者: 黒須 里美

  • 出版社: 麗澤大学出版会

  • 発売日: 2012/3/21




麗澤大学出版会、本日2冊目の登場。日本には結婚離婚の記録がかなり以前から残ってるのだそうだ。現在の結婚観は明治政府によって作られたものらしい。専門書だけどかなり気になる。


道ひとすじ - 不破哲三とともに生きる

道ひとすじ - 不破哲三とともに生きる



  • 作者: 上田 七加子

  • 出版社: 中央公論新社

  • 発売日: 2012/4/24





不破哲三の妻が夫と共産党について語った一冊。天皇制から共産党まで麻木の好奇心は止まるところを知らない。

ちょっとここでクールダウン、と高村和久。冷静見えるのに、会議の日時を間違えたりするおちゃめさん。


見えざる宇宙のかたち――ひも理論に秘められた次元の幾何学

見えざる宇宙のかたち――ひも理論に秘められた次元の幾何学



  • 作者: シン=トゥン・ヤウ、スティーヴ・ネイディス、水谷 淳

  • 出版社: 岩波書店

  • 発売日: 2012/3/28




超ひも理論についての本らしい。栗下が手にとって見ていたが、すぐに返していた。


「ゴミ」を知れば経済がわかる

「ゴミ」を知れば経済がわかる



  • 作者: 瀬戸 義章

  • 出版社: PHP研究所

  • 発売日: 2012/4/19




日本の中古品の多くは東南アジアに出回っている。リユース経済をめぐる「ゴミタビ」。


さよならヴァニティー

さよならヴァニティー



  • 作者: 柘植 伊佐夫

  • 出版社: 講談社

  • 発売日: 2012/4/6




ドラマなどの人物造詣をプロデュースしている著者。ヴァニティーとは虚栄心のことだそうだ。

HONZで一番の人気レビューアー栗下直也


異貌の人びと---日常に隠された被差別を巡る

異貌の人びと---日常に隠された被差別を巡る



  • 作者: 上原 善広

  • 出版社: 河出書房新社

  • 発売日: 2012/4/20




HONZの前身、本のキュレーター勉強会に応募した原稿が上原善広の作品だったので、原点に返ってこの本を、ということらしい。


山口組組長専属料理人 ~側近が見た渡辺五代目体制の16年~

山口組組長専属料理人 ~側近が見た渡辺五代目体制の16年~



  • 作者: 木村 勝美

  • 出版社: メディアックス

  • 発売日: 2012/4/28




この本は内藤とカブった。その上、もう読み終えた内藤が全部説明しちゃった。ちょっとさびしそうなクリちゃん。


小谷野敦のカスタマーレビュー2002‐2012

小谷野敦のカスタマーレビュー2002‐2012



  • 作者: 小谷野 敦

  • 出版社: アルファベータ (2012/03)

  • 発売日: 2012/03





こんなものまで本になるんだ!と一同驚いた本。作家で評論家の著者がamazonのレビューに残した735本!

最近は朝会前に超速レビューを書きまくり、みんなの顰蹙を買っている内藤順


放送禁止歌手 山平和彦の生涯 (放送禁止歌手 山平和彦の生涯)

放送禁止歌手 山平和彦の生涯 (放送禁止歌手 山平和彦の生涯)



  • 作者: 和久井 光司

  • 出版社: 河出書房新社

  • 発売日: 2012/4/24




私がフォークソングにはまった頃はもう伝説の歌手だった。


ゴキブリはなぜ絶滅しないのか―殺虫剤の進歩と限界

ゴキブリはなぜ絶滅しないのか―殺虫剤の進歩と限界



  • 作者: 林 晃史

  • 出版社: 八坂書房 (2012/04)

  • 発売日: 2012/04




最近、昆虫モノに魅かれているらしい。麻木から「どうして最近、泡で丸めて殺す殺虫剤はなくなったのか?」と詰め寄られていたが、まだ読んでないらしいので答えは後ほど。


ゴロツキはいつも食卓を襲う フード理論とステレオタイプフード50

ゴロツキはいつも食卓を襲う フード理論とステレオタイプフード50



  • 作者: 福田里香、オノ・ナツメ

  • 出版社: 太田出版

  • 発売日: 2012/4/12




映画やドラマにお約束のように出てくる食べ物の使い方。なぜ、カーチェイスではね飛ばされるのは、いつも果物屋なのか? ・なぜ、焚き火を囲んで、酒を回し飲みしたら、仲間なのか? ・なぜ、逃走劇は厨房を駆け抜けるのか? 読んでみたい!

最近はオーパーツと武器の本ばかりだった新井文月。基本に立ち返って。


書 文字 アジア

書 文字 アジア



  • 作者: 吉本 隆明、、吉本 隆明のAmazon著者ページを見る、検索結果、著者セントラルはこちら、石川 九楊

  • 出版社: 筑摩書房

  • 発売日: 2012/3/15




吉本隆明と石川九楊が語る文字の話。日本の文字は確かに美しい。


アートを生きる

アートを生きる



  • 作者: 南條 史生

  • 出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング)

  • 発売日: 2012/3/17




元銀行員にして、現在、森美術館館長。世界的キュレーターの半生記。


常識として知っておきたい「美」の概念60

常識として知っておきたい「美」の概念60



  • 作者: 城 一夫

  • 出版社: パイインターナショナル

  • 発売日: 2012/3/30




美術用語の説明書。バロックとかロココ、侘び寂びの違いを図とともに説明した指南書。

ちなみに英語でなんというか、という本も出ているらしい。

アートの英語―60 English Keywords for Art (実践アートシリーズ)

アートの英語―60 English Keywords for Art (実践アートシリーズ)



  • 作者: 佐藤 実、、佐藤 実のAmazon著者ページを見る、検索結果、著者セントラルはこちら

  • 出版社: ギャラリーステーション (2004/11)

  • 発売日: 2004/11





『驚きの介護民俗学』を読んでから、年寄りと話をするようになったという山本尚毅


感性の限界――不合理性・不自由性・不条理性 (講談社現代新書)

感性の限界――不合理性・不自由性・不条理性 (講談社現代新書)



  • 作者: 高橋 昌一郎、、高橋 昌一郎のAmazon著者ページを見る、検索結果、著者セントラルはこちら

  • 出版社: 講談社

  • 発売日: 2012/4/18




『知性の限界』『理性の限界』に続く第3弾。強烈なキャラクターが語っていく形式だが、最後はゲーテ論者が持っていく約束らしい。


暮らしの質を測る―経済成長率を超える幸福度指標の提案

暮らしの質を測る―経済成長率を超える幸福度指標の提案



  • 作者: ジョセフ・E. スティグリッツ、ジャンポール フィトゥシ、アマティア セン、Joseph E. Stiglitz、Jean‐Paul Fitoussi、Amartya Sen、福島 清彦

  • 出版社: 金融財政事情研究会 (2012/04)

  • 発売日: 2012/04




サルコジさんは負けてしまったけれど、フランスで真剣に論じられている「幸福度計測の基準」。ブータンみたいだ。


家族の衰退が招く未来―「将来の安心」と「経済成長」は取り戻せるか

家族の衰退が招く未来―「将来の安心」と「経済成長」は取り戻せるか



  • 作者: 山田 昌弘、塚崎 公義

  • 出版社: 東洋経済新報社

  • 発売日: 2012/4/6




結婚して家族の意識について、よく考えるのだそうだ。

ばっさりと髪の毛を切って、新人社員のような村上浩


科学予測は8割はずれる

科学予測は8割はずれる



  • 作者: 竹内 薫

  • 出版社: 東京書籍

  • 発売日: 2012/5/1




大人気の科学ジャーナリストの新刊。福島原発事故から学ぶものは何か。


意識は傍観者である: 脳の知られざる営み (ハヤカワ・ポピュラーサイエンス)

意識は傍観者である: 脳の知られざる営み (ハヤカワ・ポピュラーサイエンス)



  • 作者: デイヴィッド・イーグルマン、大田 直子

  • 出版社: 早川書房

  • 発売日: 2012/4/6




最新脳科学を使った意識と感覚のずれ。意識をコントロールできない犯罪者はどう裁くのか。


ヒトは一二〇歳まで生きられる: 寿命の分子生物学 (ちくま新書 958)

ヒトは一二〇歳まで生きられる: 寿命の分子生物学 (ちくま新書 958)



  • 作者: 杉本 正信

  • 出版社: 筑摩書房

  • 発売日: 2012/5/7





そういえば、先月は鈴木葉月がこんな本も紹介していた。

200歳まで生きる! ~ここまできた不老不死のテクノロジー~ (マイナビ新書)

200歳まで生きる! ~ここまできた不老不死のテクノロジー~ (マイナビ新書)



  • 作者: 丸子 かおり

  • 出版社: マイナビ

  • 発売日: 2012/2/24




80歳もちがうじゃん!

最後は成毛眞。最近はHONZで初めて彼のことを知る人が増えてきて感慨深いようだ。


「菅原伝授手習鑑」精読――歌舞伎と天皇 (岩波現代文庫)

「菅原伝授手習鑑」精読――歌舞伎と天皇 (岩波現代文庫)



  • 作者: 犬丸 治

  • 出版社: 岩波書店

  • 発売日: 2012/4/18




歌舞伎に造詣が深い成毛ならでは、の一冊。簡単に子供を殺して主君の身代わりにする裏には、八瀬童子の秘密が隠されている、という説を唱えた画期的な本。


日本語にとってカタカナとは何か (河出ブックス)

日本語にとってカタカナとは何か (河出ブックス)



  • 作者: 山口 謡司

  • 出版社: 河出書房新社

  • 発売日: 2012/4/11




日本語の中でのカタカナの位置づけを論じた一冊。


時間と宇宙のすべて

時間と宇宙のすべて



  • 作者: アダム・フランク、Adam Frank、水谷 淳

  • 出版社: 早川書房

  • 発売日: 2012/4/20




時間の概念と宇宙論の進展を、社会や歴史とのかかわりから展望する、のだそうだが読んでみないとわからなそうだ。

と、ここで1周目が終了。だんだん誰と誰の好みが同じかわかってくるが、意外にも「初心に戻って」という人が多い。仲野先生、その2で書きますから、オススメ本をメールしてくださいね。
今回はカブりが多く、みんな、おまけの本の手持ちが少ない中、鈴木葉月だけはなぜか機嫌がいい。そのわけは「その2」にて。すごいよ(笑)
スポンサーサイト
  

プロフィール

erkazm

Author:erkazm
書評家・東えりかのブログです。
主にオススメの本を紹介していきます。
(文中敬称略です。悪しからず)

https://twitter.com/#!/erkazm
Facebookも始めましたが、何がなにやら…

カレンダー

04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

erkazm

Author:erkazm
書評家・東えりかのブログです。
主にオススメの本を紹介していきます。
(文中敬称略です。悪しからず)

https://twitter.com/#!/erkazm
Facebookも始めましたが、何がなにやら…

FCカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。