Loading…
 

スポンサーサイト

Posted by erkazm on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『新白河原人』

Posted by erkazm on 06.2011 HONZ 0 comments 0 trackback

新白河原人 遊んで暮らす究極DIY生活新白河原人 遊んで暮らす究極DIY生活
(2011/08/04)
守村 大

商品詳細を見る


「家を建てる」ということは、多くの男性にとっては大きな夢であるらしい。反対に女は上モノより内側、つまり家庭の安定を求めることが多いのではないか。家の中を飾るのはたいてい女の仕事である。マンション住まいが多い昨今ではあるが、一軒家に憧れている、という話はよく聞く。自分の手で家を建ててしまうというのは究極のDIY。『新白河原人』はそんな男ゴコロを微妙に刺激する一冊である。

著者の守村大は漫画家である。1958年生まれの彼は、6年前、風呂の鏡に映った、脂ぎって肥えたオッサンと決別すべく、みちのくの玄関口の地方都市に雑木林を買った。広さは東京ドーム約1個分。坪単価500円。水も電気も整地もされていない無垢の土地を、である。

里山の雑木林はかつて人の手によって管理されていた。しかしその「手」が入らなくなって荒れ放題。27年間、机の前でマンガのペンより重いものを持ったことがないおじさんが、まずやらなくてはいけないのは下刈りだ。チェーンソーを振り回し、スズメバチに追いかけられ、自分の土地で迷子になりながら少しずつ開けた土地を広げていく。樹木の伐採、抜根、整地と進むごとに装備や器具、大型機器が本格化し、巨大なプラモデルを作るように、万能感に満たされていく様子がわかる。

本書は「モーニング」に連載されていたものなので一回ごとの読みきり。当然のことながら絵は細密に描かれ、道具の使い方や注意点までばっちり図示されている。それと同時に当時の気持ちや楽しさ苦しさが目の前に展開されていく。

とくにピテカントロプス期と名づけられた第2章が圧巻。「丸太小屋をつくる」が17回にわたって微に入り細に入り描かれていく。ほぼひとりの作業なので、読んでいるほうはハラハラするが、やっている本人は楽しくてたまらないだろう。材木市場で気に入った木材をさがす楽しさや丸太から材にする難しさなど「私にはできないなあ」と思いながらも、読みふけってしまう。多分、ここに書かれていることは、建築の基礎中の基礎だろうし、ひとりで家を建てちゃう人はこれくらい凝り性じゃなくては無理だろう。こんな亭主はいらない、とも思う。でもひたすら楽しそうな姿は、読む者を幸せにする。

家が建てばあとは暮らすための準備だ。竈をつくり囲炉裏を切り、井戸を掘って水を確保する。鳥小屋を作って鶏を飼うのは卵を取るのは当然だが、きちんと絞めて肉にもするためだ。畑を作り山菜やキノコを取り、害獣駆除にも邁進する。

そして最後はサウナだ。予算は10万円。凝りに凝ったその作業はぜひ本で読んで欲しい。

ぶよぶよだった80キロの体は、丸太小屋完成時には58キロにまで締まっていた。好きなように暮らしているから精神衛生上もよさそうだ。ただ、3.11の震災後、釣りをしていた近くの川は避難区域となってしまったそうだ。

確かに究極のDIY。好きモノにはたまらない一冊である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こちらもオススメ


老朽マンションの奇跡老朽マンションの奇跡
(2009/11/18)
井形 慶子

商品詳細を見る



骨董市で家を買う―ハットリ邸古民家新築プロジェクト (中公文庫)骨董市で家を買う―ハットリ邸古民家新築プロジェクト (中公文庫)
(2001/01)
服部 真澄

商品詳細を見る



セルフビルド―家をつくる自由セルフビルド―家をつくる自由
(2007/09)
矢津田 義則、渡邉 義孝 他

商品詳細を見る



沢田マンション物語 2人で作った夢の城 (講談社プラスアルファ文庫)沢田マンション物語 2人で作った夢の城 (講談社プラスアルファ文庫)
(2009/09/17)
古庄 弘枝

商品詳細を見る



ミドリさんとカラクリ屋敷ミドリさんとカラクリ屋敷
(2011/05/26)
鈴木 遥

商品詳細を見る

スポンサーサイト
  

プロフィール

erkazm

Author:erkazm
書評家・東えりかのブログです。
主にオススメの本を紹介していきます。
(文中敬称略です。悪しからず)

https://twitter.com/#!/erkazm
Facebookも始めましたが、何がなにやら…

カレンダー

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

erkazm

Author:erkazm
書評家・東えりかのブログです。
主にオススメの本を紹介していきます。
(文中敬称略です。悪しからず)

https://twitter.com/#!/erkazm
Facebookも始めましたが、何がなにやら…

FCカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。