Loading…
 

スポンサーサイト

Posted by erkazm on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藤井克彦『「江戸前」の魚はなぜ美味しいのか』(祥伝社新書)と「恵の本」@川崎大師

Posted by erkazm on 17.2011 美味しい食事 2 comments 0 trackback
首都圏に珍しく雪が降った2月のある日、川崎大師に行ってきました。
初詣といっては相当遅くなってしまったのですが、毎年お札をもらいに行きます。

恵

 
楽しみは「恵の本」での食事。
創業350年の老舗料理屋で、予約して蛤鍋(はまなべ)をいただくのです。

恵

 雪の中、手をかじかませて店内へ。雪のせいか、いつもはいっぱいの店内が閑散としています。鍋を用意してもらっている間に、お刺身の盛り合わせと江戸前穴子の煮付け。穴子は生きたまま捌いて煮てあるので、背中の斑点が浮き上がっています。口に入れるとほろりと崩れてとけます。

恵

恵

蛤は江戸前でとれる希少な大蛤。一人前3000円ですから、いいお値段ではありますが、これがね、美味しいんです。

恵

剥いた殻はこんふうにお雛様に。

恵の本

お鍋の番をしていただいた女将さんと、ゆっくりお話ができました。雪の日ならではの贅沢。干潟の大切さやら漁の変遷やら、栄養分の分析やら、最近の若い子の好みまで、気が付けば日本酒が2合空いていました。

江戸前の魚といえばこの本。女将さんとの会話はみんなここからの受け売りでした。
著者は雑誌『つり情報』の元編集長。
なんとなく薀蓄を語りたくなる一冊です。

「江戸前」の魚はなぜ美味しいのか (祥伝社新書199)「江戸前」の魚はなぜ美味しいのか (祥伝社新書199)
(2010/04/01)
藤井 克彦

商品詳細を見る
スポンサーサイト
  

プロフィール

erkazm

Author:erkazm
書評家・東えりかのブログです。
主にオススメの本を紹介していきます。
(文中敬称略です。悪しからず)

https://twitter.com/#!/erkazm
Facebookも始めましたが、何がなにやら…

カレンダー

01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

プロフィール

erkazm

Author:erkazm
書評家・東えりかのブログです。
主にオススメの本を紹介していきます。
(文中敬称略です。悪しからず)

https://twitter.com/#!/erkazm
Facebookも始めましたが、何がなにやら…

FCカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。