Loading…
 

スポンサーサイト

Posted by erkazm on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初春文楽公演@大阪国立文楽劇場

Posted by erkazm on 14.2011 伝統芸能・落語 3 comments 0 trackback
「恋はするものではなく、落ちるものだ」
江國香織『東京タワー』(新潮文庫)の冒頭の名台詞です。
出会った瞬間に「あっ」となり、もう夢中になってしまう…

5年前、文楽に出会った私は、まさに落ちました。

それから、東京国立劇場小劇場と大阪国立文楽劇場の本公演は欠かさず観ています。
実際、病膏肓」とは、このことかと。

友人は言います。
「なんでそこまで入れ込むの?たかが、人形劇でしょ」

そう、たかが人形劇ですが、されどが後に続くのです。
妖しく婀娜な姿は、人そのものが演ずるのとはまったく違う雰囲気を出します。
歌舞伎も好きで見ますが、海老蔵さんの件のように本人の素が見え隠れするのが、ちょっと邪魔。

というわけで今年も1月3日に大阪文楽劇場で初春公演の初日を見てきました。
この日はまず劇場前で関係者の挨拶があり、その後鏡開きがあってお人形がお酒を振舞ってくれます。
62924016_v1294779907.jpg

鏡開き

文楽の演者さんには人間国宝の方が多くおられますが、
舞台の上で紹介するときには「国宝さんたち」と呼ばれています。
並んでいる人も、晴れ着で着飾る人あり、ドカジャンで裸足サンダルのおじさんあり。
妙に可笑しいし大阪らしい。

しかし、文楽人気は西低東高。
初日でありながら、2部はガラガラ。
ところが、2月の東京公演は電話予約で約1時間リダイヤル。
たぶん、ほとんど完売でしょう。


にらみ鯛

今年も文楽追っかけで始まりました。
そうそう、新春ハイライト手ぬぐい撒きでは1本ゲットしました。
てぬぐい
スポンサーサイト
  

プロフィール

erkazm

Author:erkazm
書評家・東えりかのブログです。
主にオススメの本を紹介していきます。
(文中敬称略です。悪しからず)

https://twitter.com/#!/erkazm
Facebookも始めましたが、何がなにやら…

カレンダー

01 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

erkazm

Author:erkazm
書評家・東えりかのブログです。
主にオススメの本を紹介していきます。
(文中敬称略です。悪しからず)

https://twitter.com/#!/erkazm
Facebookも始めましたが、何がなにやら…

FCカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。